1. ホーム
  2. 予防歯科

予防歯科

予防歯科について

今まで、歯医者に行くときは、歯や歯ぐきに痛みがあるときや、むし歯になって噛みにくくなったときではありませんでしたか? 当然、治療もつらく、痛みを伴うものであったことと思います。

 

むし歯や歯周病の原因はプラークの中の細菌です。歯磨きによって100%完全に取り除くことができるならむし歯や歯周病になりません。しかし、実際には磨いていてもむし歯や歯周病になってしまいます。どうしても磨けないところがあるからなのです。歯磨きが上手な人でも全体の80%を超えるぐらいで残りの部分は磨き残しがあります。そして大体、毎回同じ部分を磨き残しています。

 

予防歯科とは悪くなる前に、痛みが出る前にむし歯や歯周病の進行を防ぎ、気持ちよく暮らしていくための提案なのです。

 

8020運動というのを知っていますか?80歳で20本の自分の歯を持とうということですが、現実は80歳の人の平均は6,8本しかありません。予防歯科の進んでいるスウェーデンでは75歳でなんと19,5本です。その差は歴然でしょう。 皆さんは一生自分の歯で食べたいですか?

人によって異なりますが、1~6ヶ月に1回、むし歯や歯ぐきのチェックと歯磨きの限界の部分の清掃、歯垢やステインの除去をおこないます。(PMTC
定期的に行うことでむし歯の進行停止や歯周病の進行停止、改善を図っていくことができます。

 

PMTC (Professional Mechanical Tooth Cleaning)について

状態の把握の検査後、歯磨きの指導、歯石除去を行い、専用の器具とフッ素配合の専用ペーストを用いて行うプロフェッショナルケアです。
PMTCではむし歯や歯周病の発生の原因となるバイオフィルムを徹底的に除去します。歯と歯の間や、歯と歯茎の隙間など、汚れが溜まりやすい場所の掃除はご自分ではかなり困難です。 定期的にPMTCを受けて頂くことで、むし歯、歯周病などの歯の病気の進行や予防する事が可能です。 また、歯の着色は、自宅で落とせません。無理にすると歯や歯ぐきを痛めます。PMTCを行うことによって着色もつきにくくすることができます。

 

(バイオフィルム)
むし歯菌や歯周病菌などの悪玉菌が、歯の表面に取り付き、他の細菌とお互いに居心地よく住めるような一種の共同体(集落)コロニーを作り上げます。 やがて、コロニーはしだいに合体していき、細菌・多糖体とその副産物の集合体(マトリックス)を形成します。 このようなマトリックスを「細菌バイオフィルム」と総称します バイオフィルムは、1度はがしても12週~16週でまた歯面に付着します。

 

1~3ヶ月おきにPMTCをお受けになられる事をお勧めします。 しかしケアの主体はご自身のセルフケアにあることを忘れてはいけません。

自費診療料金表

フッ素塗布
初回
¥2,000(+消費税)
2回目
¥1,000(+消費税)
イオン導入併用
¥3,000(+消費税)

光殺菌治療について

1.光殺菌治療とは?

感染部分に光感受性物質を注入し、光を照射することで殺菌する安全な治療法です。

医科では早期がんの治療法として

医科では1990年ごろから光やレーザーを用いて肺、食道、胃、子宮頸部などの早期がんに対して治療行う光力学療法(PDT=Photo-Dynamic Therapy)という治療法があります。

歯科では殺菌治療法として

歯科では数年前から欧米を中心に、抗生物質を使わない体に優しい安全な治療法として光殺菌治療が急速に普及しています。 光感受性ジェルを細菌に浸透させて光で殺菌する画期的な治療法です。

2.光殺菌治療の特徴

  • ・痛みはありません
  • ・あらゆる細菌に効果を示します
  • ・お薬(抗生物質)を使わないため耐性菌が発生しません
  • ・副作用はなく、繰り返して治療に利用できます


※ 光過敏症の患者さまには利用できません。

3.どのような治療に有効か?

細菌が引き起こす病変の治療に有効です。

  • ・根の治療(感染根管治療)
  • ・歯槽膿漏(歯周病)
  • ・インプラント周囲炎


※ その他、歯肉炎やヘルペス、虫歯などにも有効です。

FotoSan630

当院では「根の治療」や「歯槽膿漏」に対して、お薬(抗生物質)を使わず、痛みもない、体に優しい治療の1つとして光殺菌治療を行っています。
当院が使用するFotoSan630は光殺菌治療において世界をリードするCMSデンタル社(デンマーク)の製品です。

※ ForoSan630は最先端医療機器のため、日本ではまだ承認されていない医療機器となっています。当院ではその安全性と効果を確認のうえ、歯科医師の裁量のもと治療に取り入れています。

4.どのような場合に利用するのか?

とどめの一撃

通常の治療の上に光殺菌治療を行うと、「とどめの一撃」としての殺菌効果が期待されます。
これまでの治療方法では除去しきれない細菌を死滅させ、 個人差はありますが治癒期間の短縮、感染の再発防止に大きく貢献します。

予防

加えて、光殺菌治療は予防にも有効です。
歯周病やインプラントの定期健診、歯ブラシが行き届きにくい矯正治療中のメンテナンスの際に 光殺菌治療が効果を示します。

5.よくあるご質問

Q1:治療中、痛みはありませんか?

   全くありません。若干の熱と振動があるだけです。

Q2:光感受性ジェルはどんな味がしますか?

   少し甘い味がします。


詳細はスタッフまでお尋ねください。